中耳炎の症状と治療

中耳炎とは、鼓膜付近の「中耳」で炎症が起こる病気です。
日本では3歳までに約70%の子供が少なくとも1回、急性中耳炎に罹患するというデータがあるほど子供に多い病気です。

中耳とはどこにあるのですか?中耳炎とは何ですか?

中耳とは、耳の奥(鼓膜のさらに奥)にあります。
中耳炎とは、中耳に炎症が生じている病気です。

中耳炎の説明画像1
中耳炎の説明画像2

中耳炎にはどんな種類があるのですか?

お子さんに多いのは2種類です。

急性中耳炎

急性中耳炎の説明画像1
急性中耳炎の説明画像2
急性中耳炎について詳しくはこちらから

滲出性中耳炎

滲出性中耳炎の説明画像1
滲出性中耳炎の説明画像2
滲出性中耳炎について詳しく

反復性中耳炎

乳幼児期に急性中耳炎を何度も繰り返し、おおむね半年間に4回以上、1年間に5回以上、2歳までに5回以上繰り返す場合を「反復性中耳炎」といいます。
反復性中耳炎には純粋に急性中耳炎のみを繰り返す場合と、滲出性中耳炎を合併している場合があり、多くは後者です。
初めて急性中耳炎にかかった年齢が低いほど、中耳炎を繰り返しやすいといわれています。

・主な治療法 → 鼓膜切開

おもな治療法

炎症の程度や原因によってさまざまです。
まずはお薬になります。

抗生物質・消炎剤・解熱鎮痛剤の内服や点耳薬を使います。
炎症の程度、治り具合によりお薬を変更していきます。
※ 炎症が重い場合は、抗生剤の量を多めにして処方することがあります。

抗菌剤の投与
解熱鎮痛剤の投与
点耳薬の投与

炎症が重い場合、お薬で治りが悪い場合は、鼓膜切開をします。

鼓膜切開

鼓膜切開を繰り返す場合は、換気チューブ留置をします。

換気チューブ留置
換気チューブ留置の説明画像

滲出性中耳炎の場合やちくのうを併発している場合。
(鼻が悪いと中耳炎は治りません)

抗生物質のクラリスを少ない量で1~3ヶ月間(治るまで)飲みます。
抗生物質を長い間飲むので抵抗があるかもしれませんが1回に飲む量は少なくしてあり、長い間飲まないと効果がありません。

当院の方針について(中耳炎に関する当院のこだわり)

1. しっかりとした情報提供を行います

当院の待合室では、お待ちいただいている時間を利用していただき、モニターで、病気に関すること・よくある質問などの情報を随時提供しております。

2. 精密で正確な診察を行います

より正確な診断をさせていただく為、当院ではファイバースコープを使った診察をしております。
これにより、症状がしっかりと把握できます。

3. 診察結果をわかりやすく説明致します

当診察を受けていただいた患者さん皆様に、必ず画像で症状をご確認いただき、わかりやすい説明を心がけております。

4. 病気を未然に食い止めます

当院では、耳・鼻・のどの様々な病気に関する情報を掲載したリーフレットを作成して、患者さんにお渡しできるようにしております。

よくある質問

チューブに関するよくある質問

20分で結果がわかるアレルギー検査

20分で結果がわかるアレルギー検査(イムノキャップラピッド検査)

その他のお話(動画)

点耳薬のやり方

点耳のやり方

塗り薬の使用方法

塗り薬の使用方法

医療法人FUKUJINグループ・耳鼻咽喉科紹介

ふくおか耳鼻咽喉科(愛知県東海市の耳鼻咽喉科)
新知台耳鼻咽喉科(愛知県知多市の耳鼻咽喉科)